身近な目の病気 ドライアイ 症状と治療

ドライアイとは

涙には2つの重要な役割があります。ひとつは、まばたきによってつねに分泌と排出を繰り返しながら、目の表面を覆って外界から守ること。もうひとつは、角結膜(角膜と結膜)へ酸素や栄養分を届けること。涙はただの水分と思われがちですが、一般的には「ムチン層」「水層」「油層」の三層構造になっており、ムチン層は角膜に水分をとどまらせ、油層は水分の蒸発を防いでいます。
ドライアイはその名称から、瞳が乾く症状と思われがちですが、たとえ涙がたくさん出ていても、ドライアイを患っていることがあります。それは三層構造のバランスがくずれ、水分が瞳にとどまりづらくなって角膜の一部が乾き、結果として涙が反射的に出る場合です。最近では、目の乾きより「ゴロゴロする」「目が疲れる」「見づらい」「理由もなく涙が出る」など、一見ドライアイとは関係ないと思われる症状を訴える方も増えています。
ドライアイによって、角膜が露出すると傷ついたり、結膜炎を併発したりすることもあります。さらに、傷から細菌が入り込んで目全体が感染したり、傷が深くなって視力が低下したりと、さまざまな危険を招きやすくなります。目の異物感や疲れを感じたら、早めに眼科を受診することをお勧めします。

ドライアイの原因とドライアイの症状

涙の三層構造

①油層 目の表面に油膜をつくり、涙の蒸発を防ぐ ②水層 アミノ酸やブドウ糖、感染を防ぐリゾームなどが含まれる ③ムチン層 目の表面に涙を保つ

涙の質を調べる「BUT検査」

涙がたくさん出ていても、涙の質がよくないと目が乾くことがあります。それをチェックするのが、涙の質を調べる「BUT検査」です。目を開いてから、目の表面の涙の膜が壊れるまでの時間(Break Up Time=BUT)、つまり角膜に水分がとどまっている時間を測るもので、5秒以下の場合はドライアイが疑われます。

正常
正常

BUT(涙液破砕時間)短縮
BUT(涙液破砕時間)短縮

涙を黄色く染めるため、検査後は黄色い涙が出ますが、目に影響はありませんので、ご安心ください。

動画で見るBUT検査

Before

ドライアイ涙液破砕時間(BUT)
短縮

Afrer

点眼を使用しBUT延長(改善)した症例

涙の流れとドライアイの治療

涙は「涙腺」というところで創られます。まばたきをするたび、一定量の涙が目の表面に送られ、目全体を潤します。涙の約10%は目の表面から蒸発しますが、残りの90%は目頭の近くにある「涙点」という穴を通って排出されます。こうした涙の循環によって、目はつねに潤いを保っているのです。
ドライアイの一般的な治療は、涙の重要成分であるムチンの分泌を促しながら水分を補充する点眼薬の処方です。ほとんどの患者さまはこれで症状が改善しますが、重症の場合は、涙の出口に小さな栓(プラグ)を挿入して涙の流出を防ぎます。
また、治療薬ではありませんが、目元専用のコットンシートをお勧めする場合もあります。まつ毛の根元を清潔に保つことで、目に必要な油分の分泌をきちんと促します。

POINT

涙腺から分泌された涙は、涙点という穴を通って鼻からのどへ抜けていきます。そのため、目薬を差すと苦く感じることがあるのです。

<治療について>

ドライアイの治療薬として認可されているのは、以下に挙げた「ジクアス点眼液」と「ムコスタ点眼液」のみです。

点眼液

ジクアス点眼液
水分やムチンの分泌を促進することで、涙の状態を改善します。
ムコスタ点眼液
ムチンを増やすほか、目の表面(粘膜)を修復・保護する働きがあります。
ヒアルロン酸ナトリウム点眼液
油分の役目を担うことで、瞳のうるおいを保ちます。通常は0.1%製剤ですが、当院では0.3%製剤も扱っています。

涙点プラグ治療

涙の出口(涙点)に栓(プラグ)をすることで、涙の排出量を調節し、十分な涙が目にとどまるようにする治療です。プラグには大きく2つの種類があります。

シリコン製
比較的、重度の治療に用いられるもので、シリコン製のプラグを挿入します。
液体コラーゲン
冷たい状態では液状ですが、体温程度に温めるとゼリー状に固まる性質を利用します。

家庭でできる目のケア

清潔を保つオキュソフト
目元専用の拭き取りタイプのコットンシート。
目に必要な油分の分泌をきちんと促し、涙の蒸発を防ぎます。
目を温める
むしタオルやアイマスクなどで目の周囲を温めると、血液の循環が良くなって油分の分泌が活発となり、目の潤いを保ちやすくなります。

高齢者の方は、結膜弛緩症の可能性も

年を取ると顔にシワができるように、結膜にもシワができ、たるんできます。結膜の老化が進み、だぶついた状態が「結膜弛緩症」です。この症状の方は涙がたまりにくいため、「涙があふれるのに目が乾く」という状態に陥り、ドライアイを悪化させるので注意が必要です。
ドライアイを防ぐ治療として点眼薬が一般的ですが、それだけで症状が改善しない場合は、本来の原因である結膜弛緩症の治療を行う必要があります。たるんだ結膜を手術で切除するもので、手術時間は10〜15分程度。入院の必要はなく、手術の痛みもありません。

ページの先頭へ