ワンランク上の快適を手に入れる 多焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズとは

白内障と老眼を同時に治し、ワンランク上の快適を

以前は、白内障手術で近視・遠視・乱視を治すことはできても、老眼(老視)を治すことはできませんでした。やがて「多焦点(遠近)眼内レンズ」が開発されると、遠くは眼鏡なしで見ることができるうえ、手元も老眼鏡なしで見ることのできる、まさにワンランク上の快適が手に入るようになりました。多焦点レンズは、近視・遠視・乱視に加え、老眼も同時に治すことのできるすばらしいものです。当院では、いち早く、多焦点レンズによる手術を導入し、多くの実績を重ねてきました。

<多焦点(遠近)眼内レンズのしくみ>

遠近両用のメガネとは異なり、遠くのものも、近くのものも、
同じ視線(同軸上)で見ることができる。

多焦点(遠近)眼内レンズのしくみ

経験豊富な視能訓練士が親身に相談

レンズ選びにおいて重要なポイントは、ご本人との十分なカウンセリングと、屈折に関する専門的な知識と実績です。当院では、屈折に詳しい視能訓練士が適応性を判断する検査やカウンセリングによって、最適・最善のレンズと度数を選びます。
また、多焦点眼内レンズは夢のようなレンズと思われがちですが、良い面ばかりではなく、デメリットについても理解していただけるようにご説明し、ご本人が納得して選択されることを大切に考えています。
※カウンセリングは要予約

費用について

<手術代>

多焦点眼内レンズ(老眼手術)片目 ¥300,000〜500,000(税別)

※術前検査及び術後ケア用品と術後3ヶ月までの検査・診療費用を含みます。
※レンズの種類によって価格は異なります。

<多焦点眼内レンズの種類>

当院では多焦点レンズを豊富に揃えています。

先進医療適応

アルコン社 ReSTOR 3D(レストア3D)
ReSTOR 4D(レストア4D)
AMO社 Tecnis Multi
HOYA社 iSii

自由診療(保険適応外)

Oculentis GmbH社 LENTIS Mplus(レンティスMプラス)
LENTIS Mplus TR(レンティスMプラスTR)

先進医療とは

厚生労働大臣が定める施設基準を満たした医療機関で実施される先端医療で、しかも厚生労働大臣の承認を受けたもの。ひらばり眼科では、先進医療の認定を受けています。
当院で先進医療の手術を受ける場合、生命保険で「先進医療特約」に加入されている方は、手術給付金の対象となります。詳しくはご契約されている保険会社にご確認ください。

選べるお支払い方法
・現金 当院にてその都度、ご清算ください。
・クレジット VISA, MasterCard, JCB, Nicos, UFJ, AMERICAN EXPRESS, Diners Club
ページの先頭へ