手術のいらない視力矯正 オルソケラトロジー 対象: 近視 オルソケラトロジーとは

眠っている間に視力矯正

オルソケラトロジー※は、手術で近視を治すレーシックと異なり、特殊にデザインされたコンタクトレンズを寝る前に装着し、朝起きたら外す矯正方法です。通常のコンタクトレンズとは全く逆の使い方で、眠っている間に装用するので、夜のコンタクトやナイトコンタクトとも呼ばれます。オルソレンズをはずした後は、裸眼で1日を快適に過ごすことができ、レンズの手入れも通常のハードコンタクトレンズとかわりません。

※オルソケラトロジー:オルソ=矯正、ケラト=角膜、ロジー=方法のこと。

装着前 寝る前に装着 角膜 焦点 水晶体 網膜 屈折異常 (近視の状態) 装着中 装着したまま就寝 角膜 焦点 水晶体 網膜 正常な屈折 装着後 朝起きたら外しましょう おはよう! 角膜 焦点 水晶体 網膜 コンタクトをはずしても 角膜は矯正されている

オルソレンズのさらなる働き

オルソレンズは、その特殊なデザインによって、近視の要因のひとつである「眼軸の伸び」を防ぐ働きがあることも分かってきました。これによって、近視矯正に加え、近視の進行予防としても期待が寄せられています。

オルソケラトロジーの特長

1日中、メガネなしで過ごせる
夜眠っている間にオルソレンズを装用し、朝起きたら外す矯正方法なので、日中は裸眼で過ごせるのがオルソケラトロジーの大きな魅力です。メガネなしでスポーツを楽しみたい、メガネの煩わしさから解放されたい、そんな方にぜひお勧めです。
2手術不要。まずは装用体験から
外科的処置は一切不要なので、手術に抵抗のある方でも安心です。当院では、1週間の装用体験を用意していますので、自分に合うかどうか確認してみましょう。
安全性が高く、メリットの多いオルソケラトロジーですが、あまり知られていないデメリットもあります。軽度ではあるものの、レーシックでよく見受けられる、見え方の質の低下や、グレア・ハロー現象(※)が起こる可能性など。ただし、角膜を削るレーシックとは違い、外科的手術ではないので、オルソレンズの装用を中止すれば、こうした問題は解消されます。※光をとてもまぶしく感じたり、にじんだように見える現象のこと
3近視の進行予防としても期待
近視矯正だけでなく、近視の進行予防としても期待されています。特殊なデザインのコンタクトレンズによって、近視の原因となる眼軸が伸びることを抑制します。軽い近視の方や、20歳以下の方の視力低下の予防に効果的です。若い年代ほど効果は高く、小学生でも行うことができます。
※20歳以下の未成年の方は、保護者の方の同意が必要となります。
4毎日装用することが大切
オルソケラトロジーは、角膜の形状を特殊なハードコンタクトレンズを装用することで角膜の形状を矯正するものです。、毎日装用することが大切です。しかし、継続して長期間続けることによって、1日おきの装用でも可能になるケースもあります。
5海外で広く普及し、豊富な実績を誇る
アメリカで30年以上の実績を持つオルソケラトロジーは、米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けています。すでに海外で広く普及(約700万人)。当院では、日本への導入に先駆けて、2002年からいち早くオルソケラトロジーを開始しました。現在では、多くの医院が治療を行っています。
こんな方にお勧めです
  • メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されたい
  • スポーツをストレスフリーで楽しみたい
  • 近視矯正はしたいけど、手術は避けたい
オルソケラトロジー治療の適さない方
  • 強度の近視・乱視
  • 円錐角膜などの角膜の病気
  • 強いドライアイ、アレルギー性結膜炎
  • 睡眠時間の不規則な方、短い方
  • 遠視
Check!
当院では万全の体制で治療をしますが、患者さまもオルソレンズの取扱いには十分注意をしてください。安全が実証されているレンズではありますが、眼に入れる異物であることを理解したうえで、きちんと管理するようお願いします。
ページの先頭へ