目のちしき箱

結膜炎

秋の花粉症・アレルギー性結膜炎

秋にもある花粉症・アレルギー性結膜炎

 花粉症・アレルギー性結膜炎といえば、冬から春のスギ花粉症、ヒノキ花粉症を連想しますが、秋に症状が出る人や、一年中症状が出る人も少なくありません。

秋にも全体の15%の人が症状を訴えていることが分かりました。

 

原因はおもにキク科植物

夏・秋に飛散する花粉として、イネ科植物、キク科のブタクサ、ヨモギ、またクワ科のカナムグラがあげられています。とくにキク科の花粉が、秋の花粉症の原因となることがしられています。

こんな雑草に注意しましょう!

ヨモギ: 平地から高い山まで広く全国に分布しています。ブタクサとならび、秋の花粉症の代表的な雑草です。

秋の花粉症、アレルギー性結膜炎

 

 

 

 

 

 

ブタクサ: 道端、空き地、河川敷などに生え、広く全国に分布しています。秋の花粉症の代表的な雑草です。

DCF 1.0

 

 

 

 

 

 

そのほか9月~10月の秋期に増加するカビ類

家の内外には多種類のカビが存在し、様々なアレルギー性の病気を引き起こしています。カビは4月から11月に発生し、特に5から7月の梅雨時と9から10月の秋がピークとなります。

 

秋の花粉症・アレルギー性結膜炎の診断

涙で花粉症を判定するアレルギー性結膜炎

 迅速診断検査キット「アレルウォッチ 涙液IgE」

10分間で涙液中のヒト総IgE抗体を定性分析

この検査は下まぶたに細い試験紙をはさみ、涙を採取する。試験紙が涙でぬれたら、この試験紙を展開液に浸して10分待ちます。

 

 アレルウォッチ

 

 

 

 

陽性: 今起こっている結膜炎は、アレルギーが原因と判断されます。

陰性: アレルギーでないか、アレルギー反応が弱い場合陰性になることがあります。

(日本眼科アレルギー研究会の調査では、本検査法の陽性率は72.2%であったと報告されています。)

 

20分でわかるアレルギー検査「 ImmunoCAP Rapid」

ImmunoCAPRapid

     □ この検査に適している方は?

     □ 今日結果を知りたい方

     □ 忙しくて再来院が難しい方

       □ 注射が苦手な方

       □ 就学前のお子様

                                          □ 今まで一度もアレルギー検査を受けたことのない方

                                          □ 自分が何のアレルギーであるか知りたい方

 

指先からの数滴の血液で検査するため、小さなお子様からお年寄りまで実施可能です。

測定項目は、ヤケヒョウヒダニ、ゴキブリ、ネコ皮屑、イヌ皮屑、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギの8項目です。

プリント

 

 

 

 

 

 

さらに採血による方法では、もっと多種類のアレルギーの原因を調べることができます。

 

秋の花粉症・アレルギー性結膜炎の治療

 点眼薬

   抗アレルギー点眼薬

    パタノール点眼液

                アレジオン点眼液がよく効きます。

                       コンタクトを使用していても点眼可能です。

   低濃度ステロイド点眼薬

                 症状が強い時、早く効果を出したい時に 併用

   内服

    抗アレルギー剤

             アレロック

                  少し効果弱いが眠気のでにくい内服薬を

                       用意します。

   漢方薬 小青竜湯を処方します。

  点鼻薬 ご希望があれば点鼻薬の処方も可能です。

 

 

 

 

ものもらい:まぶたが赤く腫れて痛い「麦粒腫」

子どもさんのまぶたが赤く、腫れて、涙が多くなり、痛みを訴えたら麦粒腫を疑います。

麦粒腫はまぶたの細菌感染で起こる病気です。まつげの皮脂腺(Zeis腺)や汗腺(Moll腺)に起こる外麦粒腫とまぶたのマイボーム腺に起こる内麦粒腫に区分されます。

 特に子どもは病変がまぶただけでなく、目の表面の結膜に結膜炎をおこしたり、角膜にも波及してることもあります。細隙灯顕微鏡を使いしっかり診断することがとても大事です。

 麦粒腫

麦粒腫にかかるとまぶたが赤く腫れて痛みが出てきます、徐々に症状が強くなり膿(膿点)が溜まってきます。そして1週間くらいすると、自然に破れて膿が出て治癒に向かいます。感染が強いと長期にわたり跡が残ることもあります。

 

膿が溜まっていない初期の段階では抗菌剤の点眼薬、軟膏、内服を使って治療します。膿が溜まってきたら切開し積極的に排膿します。

 

ただ最近では耐性菌(抗菌剤に強い細菌)が増えてきたため、ものもらい(麦粒腫)が治りにくくなってきました。薬を処方されたら、薬を指示通り使ってください。そして3〜4日しても治らない時は再度診察を受けてください。

 

麦粒腫は細菌の感染で起こります。子供から大人まで、体力が落ちているとかかりやすくなります。規則正しい生活、食事をとり、夜は早めに休むようにしましょう。

 

治療上の注意:

眼をさわったり、こすったりしないようにしましょう。

目薬を差すときは手をきれいに洗いましょう。点眼瓶の先がまつ毛に触れないように。

眼を拭くときはティッシュペーパーなど清潔で使い捨てのものを使いましょう。