目のちしき箱目のちしき箱

院長ブログ

αーオルソK 3年間の使用成績調査

2009年4月「角膜矯正用コンタクトレンズ(オルソケラトロジーレンズ)」として「αオルソーK、アルファーコーポレーション」が日本で初めて許可されました。その際、厚生労働省より3年間の使用成績調査が条件付けられました。
その結果が「日本コンタクトレンズ学会誌」(56:276-284,2014)に公表されました。

対象者:69例136眼

年齢:7〜48歳(21.3 +/- 11.6歳)
    20歳以上の成年  32例(34.0+/-7.6歳)
    20歳以下の未成年 37例(12.4+/-3.1歳)

視力の経過:裸眼視力は治療開始前の平均0.15、装用1日後から有意に変化し、約2週間後に安定した平均視力0.8が得られた。1ヶ月後には1.5に改善され、その後安定した。

不具合症例:13例18眼に見られたがいずれも治癒しオルソケラトロジーレンズ装用を再開した。
    角膜上皮ステイニング 成年4眼、未成年6眼、合計10眼
    眼球結膜充血 成年2眼
    上眼瞼結膜乳頭増殖 成年2眼
    左右入れ違い 未成年 2眼
    角膜浸潤 未成年 1眼
    麦粒腫 未成年 1眼

脱落例:10例
    定期的来院困難 成年2例、未成年1例、合計3例
    見え方に満足が得られない 成年2例、未成年1例、合計3例
    オルソケラトロジー矯正のみでは仕事に不便 成年2例
    自動車の運転に支障がある 成年1例
    患者の治療中止要望があった 成年1例
  15歳未満の25例に脱落の報告はなかった。

現在、「オルソケラトロジー ガイドライン」では20歳以上への適応が推奨されているが、約6割が未成年者への処方であった。3年間の使用成績調査結果は有効性、安全性共に良好であり、未成年者の結果は成年と遜色ないものであった。