目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

白内障の手術時期

みなさんこんにちは。
草木の青々とした元気な姿がたくさん見られるようになりましたね。いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は先回に引き続き白内障のお話です。

先回は、白内障の種類についてお話しました。手術のタイミングは人それぞれ異なるということも先回のお話でお分かり頂けたかと思います。

その中でも、白内障がまだ軽度の場合に、手術を積極的に勧めない人と勧めたい人がいます。

積極的に勧めない例として、40〜50歳代の比較的若い方の場合をお話します。

水晶体には弾力性があり、厚みを変えることで、ピントを調整しています。ところが手術で水晶体を入れ替えると、ピント調整ができなくなり、老眼と同じような状態になります。

このような理由から、白内障が比較的軽度で老眼の進行もあまり見られないような場合は、よく考えて手術のタイミングを決めましょう。

一方、勧めたい例として、急性緑内障発作のリスクがある場合です。急性緑内障発作とは、眼の中の隅角というところが狭くなり閉塞してしまうことで、眼圧が急激に高くなり、眼痛・頭痛・はき気などを引きおこす病気です。白内障手術は、水晶体を取り除き薄いレンズに入れ替えるため、隅角を広げることができ、発作のリスクを軽減することができます。そのため、比較的良好な視力を保持していても、手術を勧めることがあります。

どのような場合でも、自分の白内障のタイプ、眼の状態を理解した上で、メリット・デメリットの両方を検討しましょう。