目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

白内障の進行

みなさんこんにちは。
季節の変わり目のこの時期、体調は崩されていませんか?

今回は、「白内障の進行」についてのお話です。

白内障は、中高齢の方にとって特に耳慣れた病気かもしれません。「眼の水晶体が白く濁り、見え方に支障が出てくる病気」で、原因のほとんどが加齢によるものです。

白内障は、水晶体の濁る場所によって大きく3種類に分けられ、それぞれ進行具合や症状が異なります。

①皮質白内障 水晶体の外側から濁る白内障で、主に加齢が原因です。進行がゆっくりで、うす暗い夕方や夜、天気が悪い時などに見えにくさを感じることもありますが、常にではないため視力低下を自覚しづらいです。

②核白内障水晶体の中央から濁る白内障です。強度近視や糖尿病がある方に比較的多く見られます。水晶体の中心(核)が、硬くなることで光の屈折率が変化するため、近視化していきます。メガネの度数を変えると比較的見えやすくなりますが、核白内障が進行しすぎると手術時のリスクが高まってしまうため、手術のタイミングの見極めが大切になります。

③後嚢下(こうのうか)白内障水晶体の中央後ろ側から濁る白内障で、40〜50代の若い世代でも起こりやすいタイプです。短期間で急激に症状が進むことが特徴で、たったひと月で視力が1.0→0.3に下がってしまうようなこともあります。

いかがでしょうか。「白内障」といってもタイプによって色々な特徴があります。「お友達はまだ手術していないけど…」「私も手術をすぐにした方がよいかしら」など、人と比べたりせず、スタッフと一緒に治療計画を立てましょう。不安なことはいつでもご相談ください!