目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

乳幼児の斜視と偽斜視

みなさんこんにちは。
だいぶ春らしい陽気になってきましたね。いかがお過ごしでしょうか?新生活のスタートと併せて、眼の健康も見直してみましょう!

 さて、今回は「乳幼児の斜視と偽斜視」についてのお話です。
 斜視とは、例えば正面を向いているときに、片目は正面を向いていても、もう片目が違う方向を向いている状態のことです。右眼と左眼で見ている方向が違うため、他人から指摘されて気がつくことが多いです。
  片目が正面を向いている時、もう片目が内側に向いている状態を内斜視、外側に向いている状態を外斜視、など、向いている方向によって病名が異なります。また、斜視が常に起こっている場合(恒常性斜視)と、時々起こる場合(間歇性斜視)とさらに細かく分けられます。
  一方、偽斜視とは、斜視ではないけれど見た目が斜視に見える状態で、乳幼児に多く見られます。乳幼児は、鼻根部が平たく広がっているためです。外見上、気になると思いますが治療の必要はありません。身体の発達に伴いそのうち落ち着いてきます。
  生後半年ほど経っても気になる場合は、そのままにせず、一度お気軽にご相談ください。偽斜視ではなく斜視であると判断された場合、視力や両眼視機能を正しく発達させるために早期の治療が必要です。ひらばり眼科では子ども好きな視能訓練士が、乳児の検査も行います。詳しくはスタッフまで!