目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

緑内障とのつきあいかた

 今回は、「緑内障」についてのお話です。
 「白内障」と同様、耳にすることが多いこの病気。徐々に視野が欠けていく進行性の病気で、“失明”のイメージを思い浮かべてしまう方も多いかと思います。事実、日本の失明原因第一位とされていますが、早期から正しく病気とつきあえば、決して失明に至る病気ではありません。
 まず緑内障治療の最大の目的は、ずばり「進行を抑制すること」に尽きます。視野が欠ける原因は、眼の奥の視神経が何らかの理由で障害されてしまうことですが、残念ながら一度障害された視神経は元に戻りません。よって、緑内障は完治する病気ではなく、「これ以上の進行をくい止めること=現状維持」が治療となります。継続的な検査と治療なくしては、緑内障の治療を進めることはできません。
 治療は基本、目薬を使用します。眼圧は下がっているか、視野は維持できているかなどを総合的に判断し、目薬を処方していきます。目薬の中には、人によって副作用がでるものもあり、たくさん使えばよいというものでもありません。また緑内障の目薬は他の目薬より高価なため、長く治療を継続するコストについても考えていく必要があります。
 昔は、視野の異常が出てから緑内障と判断されていましたが、今ではOCTなどの検査機器が発達し、治療のタイミングもより正確に判断ができるようになりました。継続的に検査を受けることで、進行を抑えることにも繋がります。
 たとえ、「いつもと変わらないと言われた」「薬が処方されなかった」といって定期検査を自己判断でやめてしまうことは絶対にNGです!繰り返しになりますが、現状維持が緑内障治療の目指しているところです。いつもと変わらない、目薬も増やさなくていい、ということは“「治療」は順調なんだ!”と考え、根気よく治療に取り組んで頂きたいと思います。
 不安なこともあるかと思いますが、スタッフ一同しっかりとサポートしていきますので、安心してくださいね!