目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

近視の低年齢化

 今回のテーマは「近視の低年齢化」。ここ最近、近視と診断される年齢がだんだんと低く、また近視の度合いも強くなってきています。早速話を進めてみましょう。
 はじめに、30歳以上の方で、メガネをかけたことがある、またはかけている方に質問です。はじめてメガネをかけたのは何歳のころでしょうか。きっと、早い方で小学校高学年からではないでしょうか。小学校低学年のころといえば、メガネをしている子が珍しくはなかったでしょうか。
 そんな時代を過ごした方が今、親になり子どもを持つようになり…子どもの就学時健診や低学年時の学校健診でびっくり!…お子さんが「近視」と診断されたというのです。
 このようなことは実際に起こっているお話で、園児が「近視」と診断されることもあります。自分たちが小さいころには珍しかった低年齢の近視が増えてきているのです。
 その原因として、やはりスマートフォン、携帯ゲームがあげられますが、それらをあまり使用していない子でも生活環境、生活習慣によって視力が下がってしまうこともあります。大人と同じで、近視になってしまったらやはりメガネは必要です。小さいころからメガネをかけさせることに抵抗を感じることがあるかもしれませんが、無理して遠くを見ようとすることは、かえって目に負担をかけてしまいます。楽に遠くが見えるようにメガネをかけることはとても大切です。
 子どもの視力検査では、正確な検査結果を得るために検者(視力を測る人)の高い技術が必要です。当院では、子どもの視力の専任スタッフ(視能訓練士)が検査を行いますので、安心しておまかせください!
 大人も子どもも気をつけたい近視。スマートフォン、見すぎていませんか?携帯ゲームにばかり夢中になっていませんか?普段の生活習慣を、一度親子で話し合ってみましょう!