目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

糖尿病性黄斑浮腫ってなに?

 さて、今回のテーマは「糖尿病性黄斑浮腫」です。糖尿病の治療中や疑いがある時などは眼科の受診をすすめられることがあり、糖尿病が眼の健康もおびやかすことはよく知られるようになりました。糖尿病が原因で血糖コントロールが悪くなり、網膜に栄養や酸素を運ぶ血管が出血したり詰まったりする「糖尿病性網膜症」が有名で、ひどくなると失明することもあります。
 今回のテーマ、「糖尿病性黄斑浮腫(以下、黄斑浮腫)」は、前出の糖尿病性網膜症の一種で、モノを見る中心部分の「黄斑」がはれる(浮腫)病気です。浮腫は、黄班部分に血液成分が漏れ出すことによって起こり、歪みや見づらさなど重度の視力異常があらわれます。
 治療には、特殊な注射による治療や、レーザーなどの外科的治療があります。注射による治療は、網膜内の血管から血液成分が漏れ出すのを抑えるものです。外科的手術は、浮腫や血液成分が漏れ出す部分に直接レーザーをあてて抑える手術です。どちらも浮腫を改善させ、視力回復をめざします。ただし、残念なことに視神経は一度痛んでしまうと元通りには戻らないため、早期発見・早期治療がとても大切です。治療にはお金や時間もかかりますし、腫れが引いても再発する可能性もあります。再発してしまうと、さらに視神経が傷んでしまいます。
 …と、ここまでお話しただけでとても怖い病気だとわかっていただけると思います。
 もし黄斑浮腫が表れてしまったら、どんな治療がベストなのか、じっくりと検査をし、症状を見極めて選択していきます。早期発見・早期治療が大切なのはもちろんですが、症状が表れてしまう前に根本の原因である糖尿病のコントロールをしっかりしていくことが何よりも大事です。気になることや心配なことがあれば、いつでも気軽に相談してくださいね!