目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

こどもの近視を抑制するメガネ!?

 近年増え続けるこどもの視力低下(近視)。近視の原因には遺伝によるものもありますが、一方環境によるものも大きく、スマートフォンやパソコンの普及がこどもにまで広がっていることで、以前に比べて近距離の作業が増えたことも大きな原因です。残念ながら、近視を治療することはできません。近視が進行しないよう努めることが大切で、近視の進行を抑制する方法として「オルソケラトロジー」という就寝時に装着するコンタクトタイプのレンズがあります。就寝時に角膜の形を矯正し、日中はレンズを外して過ごします。「コンタクトはちょっと…」という場合は「MCレンズ(エムシーレンズ)」をおすすめしています。MCレンズは、こどもの近視抑制のために特別設計されたメガネ用のレンズです。長時間の細かい作業のピント調節など眼への負担を減らし、手元作業時の緊張を和らげます。
 MCレンズは、7歳ごろを目安に近視が進行し始めたら使用を開始します。近視の急速な進行は成長期と重なるため、7歳ごろから18歳ごろまでは抑制を続けます。可能な限り、起きている間はメガネをかけていただきます(かけ外しを頻繁に行うと効果が出ないことがあります)。抑制効果には個人差がありますので、検査時にご説明します。
 ただしこのレンズ、どこのメガネ屋さんでも扱っているものではありません。当院では、MCレンズを取り扱っている信頼できるメガネ屋さんをご紹介しています。そこでは視能訓練士が調整に携わり、近視のみならず斜視や弱視用のメガネ作りも安心しておまかせできるお店です。活発に動き回るこどもに、掛け心地がよくしっかりと使ってもらえるメガネを作るために、一人ひとりの顔に合わせることはとても大切。詳しくは、スタッフにご相談ください。