目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

白内障手術 〜両眼手術について〜

 白内障は、眼の中の水晶体が濁り、視力低下やかすみ、見えにくさがあらわれる病気です。加齢が一番の原因で、症状が進行すると、手術をするのが一般的です。手術は、濁った水晶体(レンズ)を、人工の水晶体に差し替えるというもので、見え方のバランスを考慮し、片眼のみの手術か、両眼の手術かを選択します。今回は、手術の進め方についてお話をしていきましょう!
 
 「両眼手術」と聞いたとき、どのように思われますか?「片眼ずつ日にちを分けて手術するのかな?」「両眼同時かな?でも同日に手術したら目が開けられなくなるのでは?」など疑問がわきますよね。
 少し前までは、片眼を手術してから日にちを空けてもう片眼を手術する流れが当たり前に行われてきました。しかし、両眼の手術が終わるまで、術前術後の眼の自己管理もきちんと続けなければならないことや、両眼の手術を終えるまで見え方に左右差があることがあります。その一方、片眼ずつ見え方や術後経過を確認しながら進められるという安心感もあります。
 最近では、両眼の手術を同時に行うことも増えてきています。手術自体が1日で完了しますので、時間がなかなか取れない方、術前術後の管理をなるべくわかりやすくしたい方に選ばれています。「両眼の手術をしたら、両眼の眼帯で目が見えなくなるのでは!?」と思われる方も多いのですが、片眼は透明の眼帯で保護しますので、目が見えなくなることもありません。ご安心を!
 片眼ずつでも両眼同時でも手術の流れやリスクは変わりません。ずっと前は切開する幅も大きかったためそれなりに慎重なリスク管理も必要でしたが、術式や術前・術後管理のレベルも日々進歩しています。当院でも、現在まで安全に手術・管理が行われているため両眼手術もしており、全体の半数近くの方は両眼手術を選択されます。とはいえ術前術後は、注意事項をしっかり守り、決められた目薬を忘れずに!
 どちらの方法が自分に合っているのかを、医師・スタッフと一緒に選びましょう。