1. ホーム >
  2. オルソケラトロジー >
  3. Q&A

よくあるご質問

オルソケラトロジー

Q&A

オルソレンズについて

夜つけっぱなしOKなのはなぜ?
酸素透過性の高いオルソレンズを使用しているからです。基本的に高酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じなので、安全性やリスクも通常のハードレンズとほぼ同じです。
オルソレンズは安全なものですか?
オルソレンズは数10年間研究され、安全性が確認されています。寝ている間のみオルソレンズをはめるため、異物感・紛失などのトラブルも少なくなります。ご両親の協力があれば、小学生のお子さまでも使うことができます。
オルソレンズはどれくらいもちますか?
高酸素透過性のハードコンタクトレンズと同じ素材で作られています。丁寧にお使いいただければ2~3年使うことができます。オルソレンズの傷や汚れ、近視の度数が変わった場合はオルソレンズをつくり直します。

装用について

毎日何時間くらい装用するのですか?
良好な視力を得るためには、6~7時間装用する必要があるといわれています。装用時間が短かったり、不定期な装用はおやめください。
1日体験で効果を実感できますか?
近視が軽いお子さまなら、初日1時間の体験で1.0以上の矯正ができることもあります。
(注)テストレンズのため、度数を体験者の方にぴったり合わせることができないのでご了承ください。
うつぶせ寝がよくないのはなぜですか?
眼を圧迫することでオルソレンズがずれてしまう可能性があるためです。また、装用後にテレビを見たり本を読んだりしているとオルソレンズが下にずれやすいため、すぐ寝るようにしましょう。
オルソレンズの左右が分からなくなったときは、どうすればいいですか?
オルソレンズにはID番号の刻印や左右の色の違いなどがありますので、確認は可能です。それでも分からない場合は、装用を一時中断し、来院ください。また、兄弟で装用している場合、オルソレンズが入れ替わったりしないよう、くれぐれも注意しましょう。
見づらくなってきたら、どうすればいいですか?
近視が進んでいるか、十分な矯正効果が出ていないことが考えられます。オルソレンズの装用をいったん中止し、角膜の状態を元に戻してから再検査しますので、オルソレンズの再作まで時間がかかります。また、レンズを中止すると徐々に視力が低下するため、その間の生活は、使い捨てレンズやメガネが必要となります。詳しくは担当スタッフまでご相談ください。
長年オルソレンズを装用して、眼に傷がついたり、病気になったりしませんか?
不具合の発生頻度は、通常の酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じです。オルソレンズの性質を理解し、適切な使い方、オルソレンズケア、定期検査でより安全に使うようにしましょう。
子どものキャンプ中、装用を中断したいのですが。
キャンプや合宿などで外泊のために装用を中断する場合、日中は裸眼で過ごすことができなくなります。まずはオルソレンズを装用しない状態で検査し、合うメガネか使い捨てレンズを用意しましょう。近視の強さやオルソレンズの装用期間によって対応が異なるため、できれば1ヵ月前までにご相談ください。
オルソレンズの装着は子どもが自分でできますか。
基本的にはハードレンズの取り扱いと同じですが、少し異なる部分もあります。まずは保護者の方に、装着を覚えていただき、お子さまがオルソレンズの装着に慣れるまでサポートしていただくことをおすすめします。

適応について

何歳から装用できますか?
眼の形状等の適応検査をパスし、オルソレンズの管理にご両親の協力があれば小学生からでも装用可能です。
何歳まで使うことができますか?
年齢の上限はありません。矯正結果に満足していただいている間は装用してください。定期検査の際、合併症の有無を調べるため角膜内皮細胞を検査いたします。
乱視があるのですが大丈夫ですか?
乱視の種類や状態(強さ)によります。まずはテストレンズで結果を確認後、処方します。
花粉症でも大丈夫ですか?
結膜の症状が強い時はオルソレンズの装用を中止してください。花粉症の症状を軽くするために、花粉の飛散が始まる少し前から目薬等で治療を開始することをお勧めします。
オルソケラトロジーをやめて、普通のコンタクトやフェイキックを受けることはできますか?
もちろん可能です。オルソケラトロジーを中止すると角膜はもとの状態に戻ります。これはオルソケラトロジーのメリットの1つです。角膜の形が元に戻りきってから必要な検査・治療を行います。装用期間が長いほど、元の状態に角膜が戻るまで時間がかかります(長い方で1ヶ月)。角膜が元に戻るまでの間、角膜に負担の少ないタイプの使い捨てのコンタクトレンズを使用していただきます。
老眼は治せますか?
治せません。むしろ近視を完全に矯正することで、年相応に老眼が出て、近いものが見えづらくなります。
老眼の方は視力検査時、スタッフまでお申し付けください。

ケア用品について

ケア用品はどうしたらいいですか?
一般的なハードコンタクトレンズと同じです。オルソレンズの内側が多断層で特殊な形状をしており、汚れが付きやすいため、洗浄時にはこすり洗いが必要です。研磨剤入りは不可。メーカー推奨のケア用品をお勧めします。

転院について

転勤族なのですが。
信頼できる最寄りの眼科をご紹介いたします。