手術のいらない視力矯正

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジー用レンズの正しい取り扱い方を、動画で紹介しています。

睡眠中に視力を矯正

オルソケラトロジーは、特殊にデザインされたコンタクトレンズ(オルソレンズ)で角膜の形状を矯正する治療法です。寝る前に装着し、朝起きたら外します。オルソレンズをはずした後は、裸眼で1日を快適に過ごせます。通常のコンタクトレンズの使い方とは逆で、眠っている間に装用するので、夜のコンタクトとかナイトコンタクトなどとも呼ばれます。

オルソケラトロジーとは

オルソ=矯正、ケラト=角膜、ロジー=方法のこと。

  • 日中は「裸眼」で生活できる

    日中は「裸眼」で生活できる

    メガネなしでスポーツを楽しみたい、メガネの煩わしさから解放されたい、そんな方にぜひお勧めです。

  • 手術は不要

    手術は不要

    レーシックとは異なり、外科的処置は一切不要のため、手術に抵抗のある方でも安心です。

  • 眼へのストレスが少ない

    眼へのストレスが少ない

    睡眠中だけ装用するため、通常のコンタクトレンズより装用時間が比較的短く眼にやさしい矯正方法です。

  • 手入れも簡単

    通常のハードコンタクトレンズと同じなので、面倒な手入れはありません。

オルソレンズが近視矯正するしくみ

睡眠中、特殊なオルソレンズで角膜の前面を平らにして焦点が網膜上で結ばれるようにすることで、角膜の形状は一定時間保たれるため、日中は裸眼で生活できます。

装着前 寝る前に装着 角膜 焦点 水晶体 網膜 屈折異常 (近視の状態) 装着中 装着したまま就寝 角膜 焦点 水晶体 網膜 正常な屈折 装着後 朝起きたら外しましょう おはよう! 角膜 焦点 水晶体 網膜 コンタクトをはずしても 角膜は矯正されている

オルソレンズの効果について

1日中、良好な視力を得られるようになるまでには、1週間から1カ月ほどかかります。毎日装用することが大切で、継続して長期間続けることで、1日おきの装用が可能になるケースもあります。
また近視の強さや角膜の形状、年齢などによって個人差があります。

オルソレンズは近視の進行予防にも期待

オルソレンズはその特殊なデザインによって、近視の要因のひとつである「眼軸の伸び(眼球の奥行き)」を防ぐ働きがあることも分かってきました。近視矯正に加え、軽い近視の方や20歳以下の方は、近視の進行予防としても期待が寄せられています。日本眼科学会「オルソケラトロジーガイドライン(第2版)」の改訂により、小学生でも行うことができます。

  • 20歳以下の未成年の方は、保護者の方の同意が必要となります。

ひらばり眼科の特徴

1豊富な実績
2001年からオルソケラトロジーを導入しているので豊富な実績を誇ります。また、オルソレンズの処方に不可欠な屈折検査も得意としています。
2定額制だから安心
毎月一定額の会費をお支払いいただく定額制は、初期費用が抑えられるうえ、レンズ交換の保証付きなので、お子さまの視力の変化に合わせて、新しいレンズに交換することができます。
3小児眼科を得意とする視能訓練士が多数
斜視や弱視を中心とした小児眼科にも力を入れており、視能訓練士によるお子さまへの対応も万全です。ひらばり眼科でオルソレンズによる矯正治療を受けている患者さまのうち、半数は小学生のお子さまです。

オルソレンズの適応について

ご両親の協力があれば小学生からでも装用可能で、年齢の上限はありません。矯正結果に満足いただいている間は装用してください。

こんな方にお勧めです

オルソレンズが可能な方

  • 軽度〜中度の近視(-1.00D〜4.00D)
  • 軽度〜中度の乱視(-1.50以下を原則とします)
    • 乱視、斜視の方は十分検討のうえ処方します
オルソケラトロジー治療の適さない方

適さない方

  • 強度の近視・乱視・遠視
  • 円錐角膜などの角膜の病気
  • 強いドライアイ
  • 重度のアレルギー性結膜炎
  • レーシックの手術を受けている
  • 緑内障
    • 角膜が薄くなることによって、眼圧検査で数値が低く出る可能性があるため
  • 睡眠時間が不規則、または短い方
  • 定期検診に通えない方
Check!
当院では万全の体制で治療をしますが、患者さまもオルソレンズの取扱いには十分注意をしてください。安全が実証されているレンズではありますが、眼に入れる異物であることを理解したうえで、きちんと管理するようお願いします。