目に働きかける

近視進行予防

進行を抑制する3つの予防法

近視と目の病気

近視とは、近くはハッキリ見えても、遠くはぼんやりとしか見えない状態をいいます。カメラで写真を撮るとき、レンズの焦点がピタッと合えばハッキリ写りますが、焦点が少しでもずれるとぼんやり写ってしまいます。これと同じで、目をレンズに例えると、網膜上にピタッと合ったときにハッキリ見ることができます。焦点が合うよう調節するのが目の筋肉ですが、眼軸(眼球の奥行き)が伸びてしまうと、遠くを見るとき焦点が網膜よりやや前方にきて、遠くがぼんやり見えるのです。
今までは、一度伸びてしまった眼軸は元に戻らないとされ、「近視は治らない」というのが常識でした。その後、レーシックやフェイキックなど、さまざまな近視矯正が発達してきたわけですが、これらは目やコンタクトレンズの代わりであって、眼軸や目の筋肉に働きかけるものではありませんでした。
やがて、OCTなど検査機器の進歩によって、近視は緑内障などの疾患を招きやすいことが明らかとなってきました。一方、眼軸をできるだけ伸ばさないための研究も積み重ねられ、伸びを抑制したり、目の筋肉に作用したりと、近視の進行は抑制できるという考えが定着しつつあります。抑制の方法としては「オルソケラトロジー」が挙げられますが、これらは近視に働きかけるだけでなく、緑内障など目の病気を予防することにもつながるものとして期待されています。

正常な状態と近視の状態

ひらばり眼科では、今まで「ミドリンM点眼液・ミオピン点眼液」「ワック(視力回復訓練装置)」「3D視力訓練法」「通電治療」など、さまざまな近視予防の治療をいち早く取り入れてきました。しかし、いずれも一時的な効果でこうした試行錯誤のなかで出会ったのが「オルソケラトロジー」で、今も近視予防について日々、勉強を行っています。

オルソケラトロジー

特殊にデザインされたコンタクトレンズ(オルソレンズ)を寝る前に装着し、朝起きたら外すという矯正方法で、メガネをかけずに近視予防をしたいという方にお勧めです。 ひらばり眼科では2001年春から処方をスタートし、その後、オルソレンズが近視の進行予防に効果があるというデータが多数発表されるようになりました。なかには眼軸の伸びを抑制する効果が30〜50%という報告も寄せられています。
09年4月には厚生労働省から認可も下り、徐々に広まりつつあります。
オルソレンズを装着している患者さまは、近視の進行が少ないことを実感しています。

オルソケラトロジーについて詳しくはこちら