目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

スマホ老眼

みなさんこんにちは。
今回は、以前から話題の「スマホ老眼」についてのお話です

今、スマートフォン(スマホ)を多用する若い世代の間で、「手元がみにくい」「近くのものがぼやける」…など老眼のような症状が起こっています。これは、手元のスマホを見続けることで、ピントが近くにあったまま元に戻りづらくなる状態のことで、これを「スマホ老眼」と呼びます。眼科では「調節緊張」と呼び、このような状態が続くと近くだけでなく遠くも見づらさがあらわれる場合があります。

「じゃあパソコンでもそうなるの?」と思われるかもしれませんが、パソコンよりもスマホの方が眼からの距離も近いため、見続けることで眼にかかる負担はスマホの方が大きいと言えるでしょう。ゲームに集中し過ぎてスマホを眼に近づけてしまう…なんてことはありませんか?例えば眼とスマホの距離をたった5センチ近づけるだけでも、眼にかかる負担はとても大きくなってしまいます。逆に言えば、たった5センチでも眼からの距離を離すことで、眼への負担は大きく変わってきます。

ひらばり眼科では、"アシストレンズ(またはサポートレンズ)"と呼ばれるスマホ老眼に適したレンズを紹介しています。これは、若い方や老眼初期の方にもなじみやすく遠近の配分を割り当てたレンズで、普段から手元を見る機会が多い方におすすめです。レンズの種類も多く、その人に合ったレンズを選ぶことができます。

眼に負担をかけず、無理せず楽に見える状態を作ってあげることが一番です。サンプルも用意していますので、気になる方はぜひお声掛けください!

ページの先頭へ