目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

花粉症がある人の初期療法ってなに!?

 今回は、花粉症対策として“初期療法”についてご紹介します。
 “初期療法”についてご存知の方はどれほどいらっしゃるでしょうか。読んでそのまま、『花粉が飛び始める約2週間前、または少しでも症状が現れた初期に抗アレルギー薬の点眼を開始する治療』のことです。
 「眼がかゆくてたまらない!」と薬局に駆け込んで目薬を買った、毎年花粉がピークの頃に眼科を受診する…なんて方も多いはず。その点、初期療法を取り入れると、症状の出る時期を遅らせたり、飛散ピーク時の辛さを軽くできたりすることが期待できます。毎年花粉症で悩んでいる方は、すぐにでも対策を始めるのがおすすめです!
 受診後は医師の指示にしたがって、点眼を続けていきましょう。症状が軽くても、安定した効果を得るために、シーズンが終わるまで点眼を続けることが大切です。「もう症状が軽いから大丈夫!」と勝手に目薬をやめてしまうと、症状が再発してしまうことも。ぜひ初期療法をとり入れてみませんか?

ページの先頭へ