目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

冬の夜空を見上げる前に…

 さっそくですが、星空を見上げた時、きらきらと光る空がとても広く感じた経験はありませんか?実はこの現象に、網膜にある視細胞の「錐体細胞・かん体細胞」の働きが関係しているのです。錐体細胞は、網膜の中心部分に集中している細胞で、色を感知し、視力(モノを見る力)に関わる細胞です。かん体細胞は、目の中心には無く周辺部分にある細胞で、光を感知しています。わたし達の目は、「見たいところは見えても、その周辺は見えにくい」ようになっています。それは先にお話した通り、錐体細胞が目の中心に集中しているからです。周辺部には数が少ないため、周辺がぼやけて見えてしまうのです。一方、かん体細胞は、光を感知している細胞なので、暗い空間で活躍し始めます。先にお話したように、かん体細胞は網膜の周辺に分布している光を感知する細胞です。鋭い方はもうおわかりですね?夜空(暗い空間)では周辺部分にあるかん体細胞が活躍するので、視界の周辺の星(光)までもがくっきり見えるようになるため、星空が広く感じられるようになるのです。「流れ星を探していたら、目線の先ではなく視界の端っこで見つかった」なんて経験がある方もいるかもしれませんね。これも、実はこんな細胞の働きが関わっています。ちなみに、かん体細胞は暗いところで働き始めるのに10分ほど、完全に働くまで60分ほどかかると言われていますので(個人差があります)、冬の星座観察は、少し前から外で準備しておくとよいかもしれませんね!目の働きっておもしろいなぁと思っていただけたら嬉しいです!

ページの先頭へ