目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

こどもの立体視

 さて、今回は「こどもの立体視」についてお話します。
 みなさんは、モザイクをじっと見つめると絵やカタチが飛び出すように見える絵本を読んだことはありませんか?
 実はこのような絵本は、眼科で行う視機能検査の仕組みがもとになっています!その視機能検査は、写真のようなカードや本、メガネを使って、モノが立体的に見えているかどうかを検査する方法です。この検査では、両目で見たときに、頭のなかでそれぞれの目に入ってきた情報を正確に立体感があるものとして認識できているかどうかを検査します(立体視機能検査)。
 立体視は成長にあわせて発達します。生後3〜6ヶ月ほどでおおよその立体視機能が育ちはじめ、視力やピントを合わせる力(調節力)など様々な視機能を発達させながら、6歳頃に完成します。立体視機能を正確に完成させるには、他の視機能がきちんと発達していることが大切で、斜視や弱視が見られると、良好な視力や立体視は獲得できません。
 ここで試しに、少しの時間を片目で過ごしてみてください。だいたいの遠近感はつかめても、細かい作業は難しくないですか?立体視機能の大切さがよくわかると思います。そのほか、バスやトラックなどの大型免許を取得する場合も、良好な立体視機能が必要なんですよ。
 まずは、成長過程に応じた視力が発達しているかを観察していくことが大切です。両眼視機能の検査と視力検査は、早ければ2歳頃から受けることができます。3歳になれば3歳児検診がありますよね。3歳児検診を家庭で行う自治体もありますが、家庭ではどうしても正確な視力や立体視検査は行うことができません。健康で良好な視力、視機能の発達のためにも大切な時期なので、少しでも気になることがあれば、できるだけ早く眼科を受診してくださいね。
 当院では、視能訓練士が医師とともにしっかりサポートしますので、小さなお悩みもお気軽にご相談ください!

ページの先頭へ