目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

はやり目(ウイルス性結膜炎)

 はやり目、と言えば多くの方が耳にしたことがあるかもしれません。というのも、このウイルス性の結膜炎は、とっても感染力が強いことでも知られています。流行性角結膜炎、咽頭結膜熱(プール熱)がその代表例です。
 症状として、白目の充血、まぶたの腫れ、異物感などがあります。流行性角結膜炎ではそれらに加え、結膜にぶつぶつができ、リンパ節が腫れて痛みが出たりします。咽頭結膜熱は小児に多く、のどの痛みや高熱が出るのが特徴です。プールでよく流行することからプール熱と呼ばれています。
 このウイルス、先述の通りとても感染力が強く、感染した人の手、使ったタオルなどから次々と感染します。乾燥にも強く、なかなか死にません。学校や職場への登校(出社)も禁止になります。家族間でも注意が必要です。残念ながら、はやり目のウイルスには特効薬がなく、さらにはウイルスの感染で抵抗力が落ちた目に他の病原菌が感染することがあるため、点眼薬で感染を予防したり症状を和らげる処置をします。
 ウイルスは患者さん自身の免疫力で、10日間程度で症状が落ち着いてきます。しかしここで気を許してプールなどに行ってしまうと…残っていたウイルスが蔓延し、感染を拡大させてしまうことに。症状が治まっても、医師の許可があるまでは学校や職場、プールなどは控えてください。
 予防の基本は手洗いをしっかりすること、目を触らないことです。感染してしまった場合には、家族間でタオルや洗面器を分けたり、使ったティッシュなどは菌が拡散しないようビニール袋に入れて捨てるなどして、感染を広げないように努めましょう。
 もし、はやり目かな?と思って来院される際は、スムーズな対応を心がけますのでお声掛けくださいね。
 きちんと予防して、夏の毎日を楽しく元気にお過ごしください!

ページの先頭へ