目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

ドライアイ

 さて、今回のテーマはこの時期恒例の「ドライアイ」。ただの“目の乾燥”と思われがちですが、実は奥が深い?病気です。
 意外かもしれませんが、実はドライアイと診断される方の中で、「乾き」を訴えて来院される人は少ないです。「最近目が見にくくなった」「充血がひどい」「目が疲れやすくなった」「コロコロ、しょぼしょぼする」…このような症状を感じて来院される方の中にも、ドライアイと診断される方が多く見られます。見にくさと疲れ目を例にしてお話ししましょう。
 パソコンなどをじっと見ていてまばたきが減ったり、直接エアコンにあたったりすると目が乾きます。すると角膜の表面を覆う涙の“安定性”が悪くなってしまい、角膜の表面に乾いている所とそうでない所のムラができます。その結果、見え方の質が低下し、見づらさを感じます。この状態が続くと、疲れ目につながるのです。何となく想像できるでしょうか?
 またドライアイがひどくなってくると、角膜に傷がついたり、結膜が炎症を起こしてしまうことも。様々な症状が重なると、ドライアイの治療は単純ではありません。生活習慣にもかかわるので、治り方にも個人差があります。毎年気になる症状が表れる方は、早めに受診してくださいね。
 治療は、ドライアイの点眼薬や角膜保護剤、涙点プラグがあります。最近では、薬ではありませんが、目元専用の「オキュソフト」という拭き取りタイプのコットンシートもあります。まつ毛の根元を清潔に保つことで、目に必要な油分の分泌をきちんと促し、涙が蒸発しないようにします。
 一人一人にあった治療をご提案していますので、お気軽にご相談くださいね!

ページの先頭へ