目のちしき箱目のちしき箱

ひらばリンク(eyeのプチ診療室)

緑内障の検査

 緑内障とは、視神経が何らかの原因で損傷し、視野が欠けていく病気です。一度欠けた視野は元には戻りません。自覚症状が出てきた=視野が欠けてしまった、ということになるため、緑内障は早期発見・早期治療に尽きると言えます。
 さて、今回はその緑内障を早期発見するための検査についてお話します。
 緑内障の検査には、①眼圧検査②眼底検査③視野検査の3本柱があります。①眼圧検査は、目の弾力性(硬さ)を調べる検査です。目に風を当てる検査を受けたことはありませんか?それが眼圧検査です。②眼底検査では、目の奥にある視神経の集中部分をOCTという最先端のカメラで立体撮影します。これにより、視神経の異常をわかりやすく捉えることができます。③視野検査は、その人の視野がどこまで見えているのかを確認する検査です。緑内障による視野の異常は、中心部から欠損する場合や外側から欠損する場合など様々なケースがあります。
 緑内障については、日本緑内障学会という大きな学会もあるほどです。緑内障の検査方法や治療はそこで何度も議題に採りあげられるほど、進歩が早いのです。そのため、当院では医師だけでなくスタッフも緑内障学会をはじめとする多くの学会に出席しています。そして、視機能分野に特化した視能訓練士が、前述の①〜③の検査を組み合わせて広範囲にわたる検査を正確かつ丁寧に行っています。安心してお任せ下さい。
 とは言え、検査結果は体調や時間によってムラが出てしまうこともあるため、3ヶ月〜半年に1回は定期検査を受けましょう。わずかな変化も見逃すことがなくなります!

ページの先頭へ