よくある質問 オルソケラトロジー 対象: 近視 Q&A

毎日何時間くらい装用するのですか?
視力の安定のためには、6〜7時間装用する必要があるといわれています。装用時間が短いと視力の維持時間が短く、不安定になる傾向があります。
すぐに視力は回復しますか?
お子さまで近視が軽ければ、初日1時間の体験で1.0以上の矯正ができることもあります。ほとんどの方が1週間ほどで十分な視力が得られます。ただし1〜2週間ほどかかる場合もあります。大人の方は効果が出るまで時間がかかる場合があります。
長年レンズを装用して、眼に傷がついたり、病気になったりしませんか?
不具合の発生頻度は、通常の酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じです。レンズの性質を理解し、適切な使い方、レンズケア、定期検査でより安全に使うようにしましょう。
レンズは安全なものですか?
オルソレンズは数10年間研究され、安全性が確認されています。基本的に高酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じなので、安全性やリスクは酸素透過性の高い通常のハードレンズとほぼ同じです。 寝ている間のみレンズをはめるため、異物感・紛失などのトラブルも少なくなります。ご両親の協力があれば、小学生のお子さまでも使うことができます。
レンズはどれくらいもちますか?
高酸素透過性のハードコンタクトレンズと同じ素材で作られています。丁寧に使っていただければ2〜3年使うことができます。レンズの傷や汚れ、近視の度数が変わった時はレンズをつくり直します。
何歳から使用できますか?
眼の形状等の適応検査をパスし、レンズの管理にご両親の協力があれば小学生からでも使用可能です。
何歳まで使うことができますか?
年齢の上限はありません。矯正結果に満足していただいている間は使用して下さい。定期検査の際、合併症の有無を調べるため角膜内皮細胞を検査いたします。
近視が強いのですが大丈夫ですか?
強度近視用のレンズ(-8.00Dまで)もあります。近視が強くなるとレンズで矯正できる角膜の範囲が狭くなり、夜間の見え方の質等に影響が出るなどリスクもあります。テストレンズで確認後処方しています。
乱視があるのですが・・・
乱視の種類や状態(強さ)によりますので、テストレンズで結果を確認後処方します。
花粉症でも大丈夫?
結膜の症状が強い時はレンズの装用を中止して下さい。花粉症の症状を軽くするために、花粉の飛散が始まる少し前から目薬等で治療を開始することをお勧めします。
転勤族なのですが・・・
信頼できる最寄りの眼科をご紹介いたします。
オルソケラトロジーをやめて、普通のコンタクトやフェイキックを
うけることができますか?
もちろん可能です。オルソケラトロジーを中止すると角膜はもとの状態に戻ります。これはオルソケラトロジーのメリットの一つです。角膜の形が元に戻りきってから必要な検査・治療を行います。使用期間が長いほど、元の状態に角膜が戻るまで時間がかかります(長い方で1ヶ月。)角膜が元に戻るまでの間、角膜に負担の少ないタイプの使い捨てのコンタクトレンズを使用していただきます。
ページの先頭へ