一人ひとりに合った治療を根気よく 緑内障の検査と治療

こんな人が緑内障になりやすい

初期段階では自覚症状がないといわれる緑内障。早期発見・早期治療のために眼科検診はとても大切ですが、なかなか病院に行きづらいという方も。まずは下記のセルフチェックをしてみませんか。

  • 強い近視である(※)
  • 親や兄弟に緑内障の方がいる(※)
  • 低血圧気味である
  • 暗いと以前より、見にくく感じる
  • 運転中に信号を見落とすことがある
  • つまずきやすい
  • 階段の上り下りが怖い感じがする

こんな人が緑内障になりやすい

(※)の項目は1つでも当てはまると、緑内障のリスクが高いといわれています。心配な方は当院にご相談ください

40歳以上の20人に1人が緑内障、しかし8割以上は未治療

緑内障にかかっている方の割合は、40歳以上では20人に1人といわれます。70歳以上では10人に1人と、とても身近な病気です。
緑内障にかかっても、8割以上の方は自覚症状がなく、未治療とされています。また検査で引っかかり、眼科を受診される方のなかで、現状を把握している方はほとんどいません。だからこそ、40歳を超えたら年に1度は眼科健診を受け、早期発見、早期治療を心がけることがとても大切です。

3つの精密検査で正確に診断

当院では、視力検査や眼圧検査に加え、視神経の状態を調べる「眼底検査」、網膜の厚みや視神経の量をチェックする「OCT(光干渉断層計)」、「視野検査」などを組み合わせることで、正確に、緑内障かどうかを診断します。OCTは、高機能の『トリトンプラス』を導入しています。
視神経は片目で約100本の神経線維からできています。視神経が約30%減少すると視野に異常が現れるとされ、しかもこの段階では自覚症状はありません。だからこそ、定期的な検査で早期発見することが重要です。

1)視力検査
網膜にピントがきちんとあっている状態(裸眼あるいはレンズで矯正)で測定する検査です。
2)眼圧検査
・眼の弾力性(固さ)を調べます。
・眼圧の正常値は10~21mmHgとされていますが、どのくらいの眼圧で障害が起こるかは、視神経の強さによって異なります。
・眼圧は測る日時や季節、体調によっても変わるので、1回の測定結果に一喜一憂せず、長い目で見ていくことも大切です。
3)眼底検査
・目の奥に光を当てながら、視神経の集中部分(視神経乳頭陥凹)や網膜、血管などの状態を調べます。
・視神経乳頭陥凹は緑内障の診断、経過観察において、とても重要な所です。
4)静的視野検査
・視野に欠けている所があるか調べます。視野異常はかなり自覚しづらいため、年に数回、検査を実施することで進行具合を確認します。
・定期的に視野検査を行うことで、どれくらい緑内障が進行しているのか知ることができるため、年に数回実施することが望ましいとされています。
5)OCT(光干渉断層計)検査
・眼底(網膜)の視神経の詳細な情報をとらえ、眼底検査などでは分からなかった網膜の断層を見ることのできる三次元画像解析装置です。
・まだ自覚のない緑内障のわずかな兆候でさえ見逃さずに発見できるため、早期治療につなげられる重要な検査です。
・視野検査と同様、定期的に検査を行うことで、緑内障の進む具合を知ることができます。
ページの先頭へ