翌日には普段どおりの生活に 白内障日帰り手術の流れと価格

手術まで1カ月ほど準備が必要となり、また手術日のご予約は、混み具合によって2カ月ほどお待ちいただくこともあります。ご相談だけでもお早めに来院いただくことをお勧めします。

手術のステップ

術前(説明と検査)

手術前に行うカウンセリングと特別な検査です。

カウンセリング

手術後にどう見えるかは、想像しづらいものです。だからこそ、患者さまの生活スタイルや趣味などもお伺いしながら、手術後の「見え方」に満足を得られるよう、事前のカウンセリングを大切にし、最適なレンズへ調整します。そして、患者さまが十分に納得されるまで、「見え方」について説明します。

検査

・IOLマスター
目の中に入れる眼内レンズの度数を決めるため、眼の長さと角膜の形状を測ります。
・散瞳検査
瞳孔を開き、水晶体や眼底のすみずみまで確認する検査です。
・角膜内皮細胞検査
手術を安全に行うために角膜内皮細胞が減っていないかを調べます。
・OCT
白内障以外にも視力低下の原因がないかを確認するため、網膜上の検査を行います。
・ドライアイ検査
ドライアイ症状がある場合、手術後に症状が悪化してしまう恐れがあります。ドライアイを事前に発見し、手術前に治療を行う必要があります。
・細菌培養検査
術後の感染予防の点眼薬を選択するために必要な検査です。
・内科検診
感染症の有無、現在の健康状態の確認が必要です。(血液検査、心電図、血圧など)
当院ではよりスムーズな連携を行うため、指定のクリニックをご紹介しています。

手術当日

水曜日に行います。
来院されてからお帰りになるまでの時間は約1時間ほどです。手術は約5分で終了し、10分程度休憩していただきます。眼帯をしたまま帰宅していただき、そのまま安静にお過ごしください。

手術翌日から約1週間(診察)

必ず診察を受けてください。
レンズが正しい位置に固定されているか、炎症や出血が起こっていないかなどを確認する大切な診察です。ご来院時に眼帯を外し、お顔を拭きます。その後、眼帯は不要になりますが、約1週間は保護用ゴーグルをご使用ください。
手術後5日間は、まだ切開創が開いたままなので、できるだけ安静にお過ごしください。手術翌日の木曜日、土曜日、翌週の火曜日は診察を受けてください。

定期検診

3カ月間は、月1回、定期検査を受けてください。
定期検査は手術後の回復の状態を知り、また合併症の早期発見のためにも非常に大切です。
また見え方が急に変化したり、何か異常を感じたりした場合は、検診日以外でも受診してください。

ひらばり眼科の強み検査を徹底し、万全の体制で手術に臨みます

当院では、術前検査、術後の定期検診をしっかりと行い、万全の体制で白内障日帰り手術に臨むため、感染などのリスクを最小限にし、安心かつ快適な術後生活を送っていただくことができます。

費用について

<手術代(保険適応)>

単焦点眼内レンズ(白内障手術)片目 3割負担の場合 ¥45,000
1割負担の場合 ¥15,000

高額療養費制度の適用となる場合があります。詳しくは受付にてご確認ください。

選べるお支払い方法
・現金 当院にてその都度、ご清算ください。
・クレジット VISA, MasterCard, JCB, Nicos, UFJ, AMERICAN EXPRESS, Diners Club
ページの先頭へ